トップ カーショップ ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

カーショップ ナビナビとETC > レーダー探知機

レーダー探知機

レーダー探知機の画像

警察さんの活動の1つとして交通取締りを日々行ってるようですが、そのなかに制限速度を守らない人を捕まえる速度取締りってのがあるのです。レーダー探知機は度重なる方式変更にも、技術革新で柔軟に対応し続け現在に至っているのです。そのレーダー探知機の革新のスピードはIT技術の進化にもにているのです。そのスピード違反中の車の速度を測定する方法の1つとしてレーダーを使うことがあり、このレーダーをキャッチする機械がレーダー探知機なのです。

今現在の最新レーダー探知機が半年後には陳腐化してしまうのが現状となっているのです。対する検出方式もさらなるハイテク化が進んでいるのです。値段によっての性能の違いは、探知距離などがあげられるのです。カー用品を取り扱うお店では、レーダー探知機というものを取り扱っているのです。車に乗る方でも、この製品がいったい何のためのものなのかわからないという方もいるはず。高級機のほうが、安価機よりも、早くスピード取締り機を検知するや、安価機は高級機に比べ、自動ドアなどから発射されている不要な電波にすぐ反応してしまったり、取締りが行われていない道路でピーピー鳴ってしまったりする事もあるのです。

日頃、車を運転してる人ならわかってもらえると思うのですが、スピード違反という違反は流れに乗って普通に走ってるだけで簡単にしてしまう違反で、制限速度を守って走ろうとしたら後ろに車の大行列が出来てたとか、すっごいあおられて怖い思いをしたとかで、かえって危ない思いをすることすらあるのです。路に取り付けられたオービスの発するレーダー、パトカーに取り付けられた車載式レーダー、道路に取り付けられた新Hシステムのレーダー、ステルス型取り締まり機のレーダーなど様々な種類の取り締まり気を使い、違反車両の速度を測定検挙することが出来るのです。

一昔前のレーダー探知機では特定の電波に反応していたのですが、このGPS対応のレーダー探知機は位置情報がインプットされているため、自分の車がその場所に近づくと警告するのです。レーダー探知機には、確実にレーダーをキャッチする感度に加え、状況に応じてさまざまな設定ができる柔軟性が必要。そう考えると柔軟性のない安価機では頼りないのです。レーダー探知機は頻繁に購入するものではないので、余裕があるなら高級機の購入をおすすめし出来るのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


カーショップ ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ バックセンサー

バンパーの裏側とかに取り付けようのマーキングがされていたりして、純正用品のスポイラ-等の取り付けネジ穴なんかがすぐ開けられるようになっているのです。バックで駐車場にクルマを入れているときもうちょっと下げられるかなぁ…ゴンッなんて経験はないしょうか? 自宅のガレージならパイロンを置いたりミラーをつけたり、いくらでも対策方法はあるようですが、スーパーの駐車場やコインパーキングの縦列駐車などでは、自分の勘に頼るしかないのが実情なのです。 センサーが目立たないようにたまたま貼ってい

カーショップ ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。