トップ カーショップ ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

カーショップ ナビオーディオ 内装 > スピーカー

スピーカー

スピーカーの画像

据え置き型の音声出力装置。家庭に常設されている機器のスピーカーは左右に1個ずつ設置されるのが基本パターンだが、サラウンド音声を収録したDVDなどが普及するにつれ、低音を表現するサブウーファや背面スピーカーなどを備えるものも増えているのです。オーディオにも基本があるのです。スピーカーまたはラウドスピーカーは、音楽・音響等の低周波電気信号を、機械振動に変えて音として聞かせるように設計された変換器なのです。略称SPなのです。エレクトロニクス系の業界用語ではラッパと呼ばれることがあるようです。

従来の左右二本のスピーカーでは、いちばんいい音が聞ける場所がとても狭く、スピーカーの位置や向き、壁の反射などを考えてスピーカーの位置を決めるのが普通だったのです。これは外してはならないもの、知っていなくてはならない事柄と言えるのです。その最たるものがスピーカーを替えた場合とアンプを替えた場合の音の変化の違いなのです。パソコン用のスピーカーには、本体から給電するものや独自の電源が必要なもの、ディスプレイ一体型など、様々な種類があるようです。おすすめなのが、外付けタイプのスピーカーなのです。

シンプルなステレオスピーカーや低音だけを独立させたサブウーハー付きのタイプなど、音質へのこだわりによって、複数のスピーカーから選択することができるのです。オーディオに興味を持ち始めて以来、私が求めてやまなかったのは、当たり前の音がするスピーカーだったのです。それは、普段耳にする自然界に存在する聞き馴染んだ音であるのです。最近では、USBポートに接続して使用する簡易なものも登場しているのです。細い金属線を筒状の紙などの軽量の不導体に規則正しく巻いて作ったボイスコイルを、その内径よりわずかに小さい円筒状の永久磁石にかぶせ、お互いが接触しないように保持するのです。

この状態で、ボイスコイルに電流を流すと、フレミングの左手の法則により、ボイスコイルにモーメントが働くのです。このボイスコイルに、振動板を付けることにより、空気を振動させて、人間の耳に聞こえる音を発生させるのです。人間が聴感上で最も気になるようになっている肉声・歌声にストレスや違和感を感じると、異常を感じた際の警戒状態となってしまい、そこで鳴っている音を受け入れる方向で聴くことが出来なくなってしまうのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


カーショップ ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コーナーポール

付属のステーとブラケットを使ってコーナーポールを仮固定するのです。なぜ仮固定かと言うとバンパーを取り付けてからまっすぐにコーナーポールが上がるかチェックをし、ずれている様なら微妙に調整をしキッチリとまっすぐになる様調整をする為なのです。調整が終わったらバンパーを取り外してステーとブラケットを本固定してバンパーを組み付けるのです。最近ペーパードライバーの方がクルマの運転をしなければいけなくなり、コーナーポールを付ける方は相談してみるようにしましょう。 隣に乗って運転していただ

カーショップ ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。